こんな会社に転職したい!女性が働きやすい制度のある企業10選

2016/10/3

 

働き方が変化してきたいま、将来のことを考えると会社の制度は充実している方が嬉しいですよね。週末、ふと友達の話を聞いてみると、自分の会社とは違った制度があって「羨ましい・・」と感じた経験のある人も多いのではないでしょうか。

仕事の内容だけでなく、働きやすい企業に人は集まるようになりました。特に女性は出産、子育てなどライフイベントが待ち構えています。モチベーションがあがる、時間の使い方が柔軟、子育てしやすい、など女性が喜ぶポイントは多いもの。

今回は、働く女性たちが「こんな会社で働きたい!」と思うような、制度が充実しているユニーク企業を紹介していきます。


お昼寝タイム - GMOインターネット株式会社

GMOインターネット株式会社は、世界一の福利厚生をスタッフへ提供する大プロジェクトを立ち上げました。

コミュニケーションスペース、託児所、カフェなどのエリアを充実させていますが、その中でもユニークなのが「マッサージ&おひるね GMO Bali Relax」!

なんと、プロによるマッサージを格安で受けられます。昼寝スペースにはアイマスクや耳栓まで用意。

午後の作業効率を高めるために、会社で20分程度のお昼寝を推奨しているのだそう。ちょっと頭を休めたいという社員のニーズで始まったそうで、柔軟な会社であることがわかりますね。

『macalon』 - 株式会社サイバーエージェント

社員の30%以上が女性社員という株式会社サイバーエージェント。女性活躍推進のために、女性が働きやすい制度が充実しています。

その名も『macalon』。かわいい名前ですね。

「ママ(mama)がサイバーエージェント(CA)で長く(long)働く」という意味があるそうです。

女性特有の休暇を認めた「エフ休」、不妊治療を受けている人向けの「妊活休暇」、子どもの急なお熱には「キッズ在宅」、学校行事も欠かさず「キッズデイ休暇」などがあるそうです。

ママにとっては嬉しい社内制度です。

 

10分テレワーク - 株式会社サントリー

「ダイバーシティ経営企業100選」に選ばれている株式会社サントリー。さまざまな社内制度を取り入れている中で、特徴的なのはテレワークの柔軟性です。

なんと10分単位でテレワークが実施でき、利用率はデスク勤務部門のなかで7割を超えるほど。社内の浸透力もさすがですね。

アポイントの間にできる隙間時間やスケジュールの調整力で会社が全体的に生産性を上げようと導入したそう。ここまで浸透したポイントは、マネージャーが実際に使ってみる事だったそうです。

朝5時から利用できる時間のふり幅は朝型タイプの人に最適です。休日のお買い物も平日にラクラクできちゃいます。

 

毎日、6時間だけ - 株式会社スタートトゥディ

「zozotown」で有名な株式会社スタートトウディには、革新的な社内制度があります。

通称、『ろくじろう』と呼ばれている6時間労働制。

業務の効率化を追求していった結果、その日の仕事が早めに終わった場合は午後3時に帰宅してもいいのです!まるで夢のような制度ですよね。

早く帰る日は、会社が費用負担してくれる部活動をしたり、カフェで読書をしたり、お買い物に行ったり。自由時間が満喫できます。しかも、本社のある幕張に住めば月5万円の住宅手当もあるのだとか。

全社員の8割以上がこの制度を利用しているというから、驚きですね。

朝ヨガでダイエット! - レバレシーズ株式会社

渋谷ヒカリエにオフィスを構えるレバレジーズ株式会社は、参加したくなるイベントを沢山開催しています。

朝の7:30~8:30に講師を招いて行っているのは「朝ヨガ」。早起きして朝から体を動かすと、気持ちよく一日をスタートできますよね。

女性の悩みとして多い冷え性、骨盤のゆがみ、運動不足も改善してくれます。しかも、しなやかな体が手に入るので、女性に大人気だそうです!

七夕イベントでは浴衣で出社したり。夜のパーティではスイカ割りや屋台なども出るそうです。

これらのイベントは社員の意見から生まれたそう。風通しの良い職場で雰囲気も良く羨ましいですね。

出戻り入社パスポート?! - サイボウズ株式会社

ソフトウェア開発のサイボウス株式会社は、『育自分休暇制度』というユニークな制度があります。

35歳以下ならだれでも利用できる制度で、最大6年もの間、復職の権利が与えられるパスポートが貰えます。

たとえば転職や留学などにより、いったん環境を変えて自分を成長させたい人、育児・介護のための長期休暇などに利用されるそうです。

しかも在宅勤務制度も整っているので、ワークライフバランスに効果的な働き方ができそう。

いま、日本で働く女性の中で6割が復職したくてもできていないと言われています。

男女問わず柔軟な働き方ができる制度のある企業は、とても理想的です。

 

お野菜たっぷりランチ - 株式会社はてな

インターネット関連事業の株式会社はてなは、オシャレな街表参道にオフィスがあります。

でもランチ相場が高くて、周りにコンビニも少ないそう。お財布事情が心配になってしまいますよね。

そんな時に大活躍するのがランチ制度!女性に嬉しい野菜たっぷりのメニューをセルフサービスで頂けます。しかもメニューは日替わりなので、飽きることもありません。ジュースとお菓子も食べ放題!なんとも太っ腹です。。

健康管理もたいせつですから、会社が促進してくれると助かりますよね。

ランチだけでなく、自転車通勤支援制度もあるのだとか。自転車で通勤すれば、月に2万円の手当てが支給されます。

オフィス近くには専用の駐輪場があり、ミストサウナ付きのバスルームまで完備されているそうです!素晴らしい。

デスクワークの運動不足解消にもなり、フレッシュな毎日を送れそうです。

 

 

 

美しく咲き誇る「花一輪」 - アクロクエストテクノロジー株式会社

システム開発のアクロクエストテクノロジー株式会社は2015年「働きがいのある会社ランキング」第1位!

素晴らしい社内制度は数多くありますが、それらすべてが「全社員会議」で決定されるというから驚きです。全社員参加でひとつの事を決めるなんて、まとまるのか!?と思いがちですが、うまく進んでいる様子。

そして女性に嬉しい制度のひとつが、誕生日にお花を一輪プレゼントする『花一輪』制度です。

上司の方が花瓶を用意してくれて、そこに一輪ずつ心がこもった花が増えていくのだそう。

お花が増えると社内も明るくなり、無機質になりがちなオフィスの雰囲気もガラッと変わります。

こころあたたまる素敵な社内制度ですね。

 

 

 

おせっかい野菜 - 株式会社ゆめみ

エンジニアが多い株式会社ゆめみでは、健康への意識を高めて欲しいとの願いから毎月1回農家で採れた新鮮な野菜を直送で会社に送ってもらい、働くメンバーに手渡しをする制度です。

野菜支給制度は、「おせっかい」というコンセプトがあるそうで、野菜嫌いな人もいるだろうけど、おせっかいを通して想いを伝えるメッセージとしているそうです。

働くママさんや一人暮らしの人には嬉しい野菜支給。厳選した旬の野菜セットや果物など、数種類から選択ができます。

レシピに合わせたセットやそのまま食べられる野菜セットなど、ライフスタイルに合わせて選べるのは嬉しいポイントです。

 

悩める28歳に向けて - 株式会社リクルート

毎日の生活に欠かせないサービスを生みだし続けているリクルートグループは、次世代の働く女性育成に力をいれています。その制度が「career cafe28」。

女性にとって、仕事・結婚・出産そのすべてがリアルとなり、かつ選択する時期として目の前にあらわれるのが28歳前後だと言われています。

不安を抱え、立ち止まってしまう人も多いですよね。ロールモデルがいないことも良く言われます。

そんな悩める28歳の不安を解消する目的で作られたこの制度。ワークショップやパネルディスカッションを通して先輩たちの声を聞き、不安を吐き出しては共感して、みんなで高め合っていくプロジェクトです。

仲間がいたり、目標が見つかると、悩みのモヤモヤが一気に晴れたりすることもありますよね。

働く女性たちの未来が明るくなる社内制度です。

 


 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。制度が充実している会社は魅力的ですよね。

社員の働きやすい環境をつくることが、社員のモチベーションアップにもつながり、会社の成長に大きく貢献しているようです。「自分は大切にされている」という実感を得たり、会社が好きになってやる気もあがりますよね。

転職を考えている人や社内制度を担当している方は、是非参考にしてみてください。

 

 

 

この記事を見た人は、こちらの記事も見ています

全4件中 1〜 4件を表示

この内容で送信します。よろしいですか?