オフィスにグリーンを置きたいけど、何がいいの?初心者にオススメしたい観葉植物まとめ

2017/3/17

 

仕事のモチベーションが上がらない…。足りないのは自分の野心?向上心?その原因、実はオフィスにあるかもしれません!

観葉植物や花を眺めると、リラックスして癒される事はありませんか。オフィスの雰囲気がどんよりして気持ちが沈んでしまうのは、辺りを見渡しても癒しの種がないからなのです。観葉植物はグリーンアメニティと呼ばれ、科学的にも効果が認められています。

実はオフィスにおいて重要な役割を担っている観葉植物。空間がオシャレになるだけでなく、仕事の効率もグッと上がるはずです。今回は、オフィスにあったら嬉しい観葉植物のおススメを紹介します。

 


観葉植物があるとリラックスできる理由

 

人間は本来、自然の中で生きてきたので、花や木、植物の近くにいるのが自然の姿です。植物は知っての通り、空気浄化作用温度や湿度の調節をしてくれます。湿度はなんと20%も上げてくれるそうです。エアコンで乾燥したオフィスには嬉しい効果ですね。

また、心理的に騒音を和らげてくれる効果もあります。キャンプや旅行で、川のせせらぎ、鳥のさえずりをうるさいとは感じませんよね。緑の中でリラックス状態になることで騒音を軽減する効果が表れます。

オフィスでは背の高い観葉植物を置くことで、目線をゆるやかに遮り空間を作ることができます。人間同士のコミュニケーション機会を生み出し、安らぎを感じることができます。

 

 

 

視力回復効果もある!?

 

グリーンには癒しの効果だけが備わっているわけではないのです!

実は目にも優しく、視力疲労回復効果があるといわれています。そこに着目し、いま都道府県、自治体では、緑視率を増やそうという流れになっています。

「緑視率」とは、人の視野に入る植物の緑の割合のことで、街並みの景観規制の指標として用いられています。国土交通省の社会実験調査では緑視率が25%を超えると緑が多いと感じるといいます。最近、壁面緑化のビルが都心部などで建っているのはまさにこれが理由だったんですね!

(出展:愛媛大学グリーンアメニティ学科

 

会社のビルを壁面緑化にしてください!との要望は通らなくても、私たちが身近にできることがあります。それが、室内に植物を置くこと、つまり、人の快適性を向上させるグリーンアメニティです。

快適なオフィスでやる気も出て生産性も向上するという、良い事づくし!

ただ種類が多くて何を選んだらいいのかわからない…という人のために、オフィスに置きたいオススメ植物をピックアップしました。

 

 

 

 

1.ポトス

 

カフェやテラスでよく見かける最もポピュラーなポトス。初心者にも育てやすく成長の勢いがあるので多くの人に好まれています。

ポトスは熱帯地方原産の観葉植物ですので、暑さに強い反面、寒さには弱い性質を持っています。同時に寿命が長く元気なため、支柱に沿って上へぐんぐん伸びていきポトスタワーが出来上がります。

ハンギングなどで吊るして下に垂らしてもよし、小さな花瓶に挿して、水栽培でも楽しめます。自分のデスクにちょこんと置いても癒されますね。

 

2.カポック

 

丸みのある楕円形の葉が手のひらを広げたように広がり、綺麗な緑色をしているカポック。初心者に育てやすく、オフィスにも人気の観葉植物です。

一本の茎に8〜10枚の小葉がつき、美しくつややかな緑の葉が特徴的。暑さや寒さにも強く、環境に対する高い順応性も持っています。

存在感があり、どんな場所でも育てやすいことからビルエントランスにもよく採用されているほど。枯れにくいのはありがたいですよね。

 

3.パキラ

 

幹が三つ編みのように編みこまれていて優雅な印象を与えるパキラ。葉が大きい星型のように広がり、緑が濃いので一本置くだけでも存在感があります。

シックで落ち着きのある空間にも、明るく爽やかな雰囲気にも合う王道な植物です。

ポトス、カポック同様、初心者でも育てやすいため人気のある植物ですが、日当りが良いところを好む性質があります。日陰にずっといると、枯れてしまったり枝が細く間延びした形になってしまう恐れもあるので注意してみてください。

 

4.オーガスタ

 

バナナのような葉で、トロピカルな雰囲気を醸し出す人気の観葉植物です。“天国の白い鳥”という別名もあるほど、大きな葉が特徴的。

リゾートホテルにもよく採用されるほど、背が高く大型なオーガスタ。エントランスに置いてオフィスの顔にするのもよいですね。インパクトが出て、雰囲気がグッとおしゃれになります。

オーガスタは乾燥に強く、1週間ほど水やりをしなくても大丈夫なんだとか。でも水やりを忘れて枯らしてしまう事がないように気をつけましょう。

 

5.オリーブ

 

繊細で美しく、グリーンにシルバーが入ったような色の葉をするオリーブ。ナチュラルな雰囲気を出してくれるので木目との相性もよく、ショップやカフェで見かける事が多いですよね。

デスクの上や窓辺でも育てられるので、目に入るところを爽やかな印象にしてくれます。時期になると勿論、オリーブの実が出来るので、栽培を楽しむ喜びもありますね。

オリーブの木は日光をとても好むので、常に日当りの良い場所に置いてあげたい植物です。特に春から秋にかけての生育期にはたっぷりの日光を浴びさせてあげましょう。

 

バルコニーがあるなら

 

オフィスにバルコニーがあったり、植物をまとめて置けるスペースがある場合は、ハーブや実がなる木を植えても楽しそうです。オレンジやレモンなどを育てて、会社のパーティーに添える会社も増えています。

グリーンが多いと、働く合間の休憩やランチに四季折々の自然を感じて過ごせるのがいいですね。

 

 

 


まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

オフィスの観葉植物は癒し効果だけではなく、オシャレな空間づくりにもぴったりです。水やりや肥料の様子を伺うなど、手をかければかけるほど愛着もわいてきますよね。

自分たちで時間をかけるのが難しそうな場合は、グリーン屋さんに委託することをオススメします。

植物がきっかけで社内のコミュニケーションが活発になり、働きやすい職場になってくれるでしょう。是非、試してみてください。

 

この内容で送信します。よろしいですか?