女同士のコミュニケーションは大変!?職場でうまく使いたいアイテムとは

2017/3/4

 

毎日顔を合わせる職場の人たち。仕事を円滑に進めるために、人間関係はとても大切ですよね。コミュニケーションがうまく取れていると、体力的にも精神的にも自分の負担を減らすことができます。

だけど自分の周りが全員良い人であるとは限りませんよね。人間同士なので、合う合わないなど色々としこりが出てくるものです。とはいえ、自分からアクションを起こさなければ、ただただ今の現状に留まっているだけの生活になってしまいます。できることなら誰とでも良質なコミュニケーションが取りたい!

そこで今回は、会社でどうすればあの人と距離を縮めることができるのか?職場にあるアイテムを使いながらコミュニケーションの取り方を紹介していきます。明日から何か参考になれば嬉しいです。

 


職場でコミュニケーションが必要なわけ

 

職場でコミュニケーションが取れていれば仕事が円滑に進むことは、誰しも想像がつく話ですよね。でも同じチームでなかったり仕事で関わりのない人とは特に会話しなくてもいい、と思ってる人も多いのではないでしょうか。

直接仕事に関わりのない人でも、コミュニケーションを取っている人が多ければ多いほど、いざという時自分の救世主が増えます。例えば上司からいきなり新しい分野の仕事を頼まれたり、自分の手がいっぱいになってしまったり、急用で時間に追われてる時には思わぬ頼り先となってくれます。

また部署を越えたプロジェクトがある時は、事前に情報共有ができたりミスをしたときにフォローしてくれるというメリットもあります。

 

相手と良好関係を築く方法

 

友達とは違う特殊な関係の職場の人たち。先輩もいれば後輩もいるし、良好関係を築くのは正直面倒くさいと思ってしまう事もありますよね。だけどうまくコミュニケーションを取る方法を身につければ、悩みも軽減されていきます。

まずはこの3つを試してみてください。

1.対象者のいい所を必ず1つ思い返してから会話する

人の脳は、YESかNOか、思った方向にどんどん突き進む習性があります。もともとこの人苦手だな、話したくないなと思っていたら、その人が発する言葉すべてがマイナスに聞こえてしまうことも。

まずは距離が近い人から、いい所を1つずつ思い返してみましょう。そして会話する時に改めて思い出してみてください。固定概念を問わず、いい所を意識しながらプラスの気持ちでコミュニケーションを取る事ができます。

2.どんな意見もまずは受け入れる

女性は共感して欲しい生き物です。わかるわかる!と思う時はそのままで良いですが、例えば同僚の悪口を言う人や意見が違う人と話す時もありますよね。

そんな時、いきなり相手を否定してしまわないように気をつけましょう。どんな意見もまずは飲み込み、受け入れる。そしてもう1つの考え方として自分の意見を伝えてあげましょう。女性同士のいざこざが起こらない秘訣です!

3.自分から相手を好きになる努力をする

いつでもどこでも受け身でいたら状況は何も変わってくれません。職場で楽しく、自分らしく、時に助けてもらいながら働きたい場合は、自分から相手とコミュニケーションを取りにいく努力をしてみましょう。挨拶から始めてみるのもいいですね。

 

 

 

コミュニケーションに使えるアイテム

 

コミュニケーションが大事なのは分かるけれど、「何を話したらいいのか分からない」という悩みは多いそうです。そんな時は、何かアイテムに手助けしてもらいながら距離を縮めてみましょう。

*お菓子を置く*

グローバル展開している有名なIT企業は、半径3m以内に必ずお菓子を配置しているそう。何か特別な用事がなくても、期間限定のイチゴ味のチョコレートや新発売のおやつをネタに会話が広がりますよね。血糖値もあがって仕事にも集中できそう。会話のきっかけづくりには最適です。

*カフェエリアを活用する*

リフレッシュスペースやカフェエリアをオフィス内に設けている会社は多いですよね。好きなフレーバーやコーヒーの話をするだけで、距離を縮めることができます。固定席でなくPCを持って好きなところで働ける場合はなおコミュニケーションが取りやすいでしょう。色々な働き方を実践すれば自然と新しい出会いや会話が生まれます。

*デスクを自分色に*

固定席で働いてる場合は自分の席があります。誰かと同じ特徴のないデスクのままでは勿体ない。自分らしさのあるステーショナリーや置き物を並べて、目を引くようなデスクにしましょう。質問したくなるような面白い物があれば、部署の垣根を越えて共通の趣味をもつ人との出会いもあるかもしれません。

*付箋を使う*

今や四角い蛍光色の付箋だけではなく、様々な種類の付箋が街中に溢れています。可愛いもの、シュールなもの、大きいもの小さいもの、とにかく選択の幅が広がり過ぎなくらいです。例えば何かアイディアが欲しいときの募集や、旅行帰りのお土産には、これまでかと思うくらいの目立つ付箋を使いましょう。後で話がしやすい環境を作ることも、コミュニケーションには大切です。

 

 

 

 

相手の気持ちも考える

 

職場だからといって、仕事だけで相手を判断せずに、その人の人柄やいい部分を見つける努力は必要です。でも相手も同じことを思っている時を見過ごさないでみてください。

相手を理解したいと思う気持ちは、相手にとっても同じなのです。自分に話しかけてきたり、他愛もない日常会話を積極的にしてくる人にそっけない態度をしてはいませんか。

また相手が忙しい時や落ち込んでいる時に、無理に会話をしようとするのも良くありませんね。タイミングが悪いことも少なからずあるでしょう。自分が悩んでいるように、相手も悩んでいるケースがあることを心の片隅において、たとえタイミングが悪い日があったとしても、嫌にならず別の機会を狙いましょう。

 

 

 


まとめ

 

人間関係はいつになっても悩みの種です。女性同士は何かと大変だと言われていますが、女性同士だからこそ分かり合える事も沢山ありますよね。

まずは自分が行動する事を心がけて、自分も周囲も働きやすい環境が生まれるように、コミュニケーションを取るきっかけづくりからスタートしてみてはいかがでしょうか。

きっとあなた自身が会社にとって、なくてはならない存在になる事でしょう。明日から是非、挑戦してみてくださいね。

 

 

 

この内容で送信します。よろしいですか?