働く女子に有力☆第一印象を良くする7つのポイント

2017/2/10

 

年が明けて、もうすぐ春の異動の季節という会社も多いのではないでしょうか。春は、初めましての人と会う機会が増える季節。そしてこれからの付き合い方を大きく左右するのが「第一印象」です。

この人怒っているのかな?と顔色をうかがってしまう時ってありますよね。相手の第一印象は、その人の性格や今後の付き合い方まで決まってしまう大事なもの。

わたしも相手に悪い印象を与えてしまっていたら!?そんな不安を抱えないように、先回りしましょう。誰からの印象も良く、相手の心に残る初めましての心得には、押さえておきたいポイントがあります。

明日から第一印象がグッと良くなり、相手とのいい関係が築ける方法をご紹介します。

 


はじめの数秒が勝負

 

そもそも第一印象は、出会ってから何秒で決まるか知っていますか?

アメリカの心理学者であるアルバート・メラビアン氏によると、人の第一印象は3~5秒で決まるとされています。他にも6〜7秒など諸説あるようですが、数秒間の短い間で決まることは間違いなさそうです。

このたった数秒で判断できることは何なのでしょうか。

メラビアン氏は、人がコミュニケーションを取る時、話している内容と、表情や声のトーンに矛盾があった時の相手の受け止め方を研究しました。それは『メラビアンの法則』として発表されており、視覚情報から55%、聴覚情報から38%、言語情報から7%の割合で影響を受けると言われています。それは、コミュニケーションにおいて話の内容と表情、声のトーンが一致すると相手により気持ちが伝わるというものです。

以上のことから、自分の印象を良くする上で、顔、表情、服装といった視覚情報、声のトーン、大きさ、口調といった聴覚情報を中心に7つのポイントにまとめてみました!

 

1.笑顔を忘れない

 

やはり笑顔に勝るものはありません。パッと会った瞬間に一番先に目に入るのは相手の顔です。もしも相手がしかめっ面だったり、うつむいた覇気のない顔だったら印象は良くないですよね。気難しい人、元気のない人という印象を与えてしまいます。

まずは口角を上げて笑顔を作ることが大切です。日頃から口角を上げる練習をしてみましょう。デスクに鏡を置いておく事もおすすめです。

継続することで、自然と明るく親しみやすい印象を与える事ができますよ。

 

 

 

2.清潔を心がける

 

あなたの表情を見た次は、さらに見え方が広がります。おでこから胸元までの30cmはフォーカルポイントと呼ばれていて、視線が集まるポイント。

人と会う前は、鏡でしっかりフォーカルポイントをチェックしましょう。せっかく笑顔でいても、口紅が雑に塗られていたりシャツにシミがついていたら印象は台無しですよね。

働く女性たちにとって、最低限の身だしなみは礼儀です。TPOに合わせた服装を意識して、好印象を勝ち取りましょう。

 

 

 

3.色を味方にする

 

色が与える印象効果はとても大きいです。例えば都知事の小池百合子さんや女性政治家は、白や青色、赤や黄色など原色の洋服を多く着こなしています。パキっとした色使いは、相手に力強さ、リーダーシップ、快活などの印象を与える事ができます。

ビジネスシーンでは清潔感が大切なので、白を使うファッションがベター。白色は、誠実・真面目さを相手に印象付ける効果があります。

またピンクは女性らしさを感じさせ、柔らかさもあるので相手の緊張を和らげてくれる効果があります。親しみを与えてくれるでしょう。

青色は知的さと冷静さを与えてくれます。紺色は気品と上品さを持ち、相手に安心感を。黄色は明るく、コミュニケーションに長けている人というイメージです。

このように、色を味方にすると第一印象と同時に自分が与えたいイメージにグッと近づく事ができますよ。

 

 

 

4.姿勢を正す

 

第一印象には良い姿勢で堂々と立つ姿も大事なポイントになります。うつむきがちで猫背の人は、自信がないように見えてしまいますよね。意識して姿勢を良くし、まっすぐ前を見るようにしましょう。

視線が合うと、相手もあなたの話を快く聞いてくれて気持ちが伝わりやすくなる効果があります。いつもより肩を広げ、首を伸ばし、下腹部に少し力を入れてみてください。自然に目線がまっすぐ前に向き、綺麗な立ち姿が出来ます。

座っていても同じです。椅子の背もたれに寄りかかったり、足を組むのは相手に威圧感を与えてしまいます。姿勢やクセは自分では気がつきにくいものです。普段から鏡をみるなどして意識するところから始めましょう。

 

 

 

5.声のトーンをやや高める

 

初対面では緊張して早口になってしまいがち。深呼吸をして呼吸を整えてから、ゆっくりと会話をするよう心がけましょう。落ち着いた口調は、自信があり余裕のある人と映ります。

そして声のトーンも大切。落ち着いた声のトーンは相手に安心感を与え、少し高い声は明るい印象を与えます。相手がどんな人であっても、元気で明るい姿の方が第一印象は良いですよね。口角を上げて普段の喋り声よりやや高いトーンで話してみてください。自然な笑顔が出来ていればなおgood!

話す相手とより親しくなりたい時には、相手の話し方を真似ることもオススメ。人は自分と同じ属性の人に共感すると、安心する傾向があります。

 

 

6.はっきりした口調

 

当たり前のことですが、ビジネスでは敬語が基本。仲良くなりたい、対等でありたいという思いから、最初からフランクに話すのはNGです。初対面ではまず丁寧な言葉遣いで、敬意を持って接しましょう。

見た目の印象がどんなに抜群でも、話してみたら残念な人だったという印象は避けたいところ。はっきり分かりやすい口調で伝えたい事を伝えられるように心がけましょう。

口調からわかることはあなたのビジネス品格です。話すテーマを明確にしてはっきりと伝えられるよう事前に準備しておけば、当日も安心ですね。

 

 

 

7.相手の話に耳を傾ける

 

自分の第一印象ばかりを気にして、相手の目を見ず話に興味を示さないとあまり良い印象は感じません。

しっかりと相手の話に耳を傾け、会話を弾ませましょう。うんうん、と頷きリアクションを大きめにすると、相手も話を聞いてもらえているんだと快く受け取ってくれます。さらにプラスの方法としては、相手の名前を呼ぶこと。あなたと話しています、と強い意識付けができるので好印象を与えてくれます。

会話はキャッチボールです。一緒に過ごす時間の中で、最初だけではなく最後までしっかりと良い印象を持ってもらいたいですよね。

 

 

 


まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

この7つのポイントを押さえれば、今よりグッと第一印象が良くなります!

人見知りで人との対話が苦手だった人も、今日から少しずつ挑戦してみると変化が現われるはず。

仕事で人と会う機会が多い人は、より魅力的なあなたになりそうです。

これから活躍の幅を広げたい人は是非参考にしてみてくださいね。

 

 

 

この内容で送信します。よろしいですか?